いつかは禁煙したいという気持ちはずっと消えない。だけど禁煙しようとしても2日で挫折。そんな喫煙者は山ほどいるでしょう。挫折を繰り返し続けて終いにはもういいやと禁煙を諦めてしまう人もいます。そんな方は禁煙の方法が自分に合っていないのではないでしょうか?当サイトでは様々な禁煙方法についてご紹介していきます。有名なニコレット以外にも内服薬のチャンピックスについて、又、失敗しやすい禁煙方法についても見ていきましょう。

女性が喫煙をするデメリットについて

男性だけでなく女性も禁煙を考えるべきです。喫煙は女性らしさを損うものです。
特に女性に言われるのが胎児への影響。妊娠中に喫煙していると胎児まで十分な酸素が行き届かないため低体重児のリスクが高まるのです。
授乳中も喫煙を続ければ赤ちゃんのうちからニコチン中毒にさせてしまいます。

女性ホルモンにも影響します。喫煙を続けることで女性ホルモンのバランスが崩れるのです。
月経不順や無排卵性月経が起こります。無排卵性月経で卵子自体が無いのですから、まず赤ちゃんを産むこと自体が無理になります。
妊活したいならまず始めに禁煙から始めてください。女性ホルモンのバランスが崩れると生理痛も重くなりますし、閉経も早くなります。

ダイエットのために吸うという方もいますが、確かにタールやニコチンは空腹感や味覚を麻痺させます。
とはいえ個人差があり、それほど食欲に影響しない方も。それに、たとえ痩せられたとしても肌荒れやヤニで黄色くなった歯・ほうれい線などはあなたの年齢を10歳は老けさせます。
デメリットの方が多いのです。タバコを吸うことで体内のビタミンCが破壊されるため、肌の潤いやハリが失われ、ほうれい線も濃くなり肌荒れします。
血行も悪くなるので唇の色も悪くなります。シワやしみ・吹き出物などお肌のトラブルに悩まされることになります。
お化粧でもごまかせないような数々のデメリットを背負うよりは健康的に痩せる方法を見つけ出しましょう。

確かに、禁煙してしばらくは口寂しくついつい飴やチョコなどを口にしてしまいがちで一気に太ってしまったという方も。
一度喫煙を始めたあとは禁煙することのリバウンドが怖くてやめられずにいるという方もいます。
ただ、禁煙自体が問題なのではなく、食事量を管理していれば太ることはありません。
禁煙を頑張れたあなたなら口寂しさに打ち勝つ精神力も身につけられているはずです。
女性の方がたばこによる健康被害は受けやすいと言われています。吸わないほうが身のためです。

男性から見た喫煙をする女性の印象について

たとえ子供を産む気はなくとも、たばこを吸うことで健康を害することだって皆知っているはずです。
それでも吸うという女性の中には何となくかっこいいからというファッションから入る方も。テレビドラマやコマーシャルの影響です。
男性喫煙者は年々減っているのですが、女性の方はその数は横ばい、20代30代だと逆に増加傾向にあるのです。

ただ、かっこいいと思っているのは女性だけ。禁煙する方が増えている状態の中、それでも吸い続ける女性の印象は決して良いとは言えません。
吸わない男性にとって吸う女性は臭くてしょうがないのです。服も髪の毛ももちろん口元だってたばこ臭い女性とキスしたりデートしたりできるでしょうか。
どんなに香水や消臭剤など使ってもその臭いをごまかすことなんてできません。
それに、喫煙する方は歯周病にかかりやすく口臭も発生しているはず。たとえ歯磨きをしてもとれません。決してオシャレでかっこいいとは言えないのです。

たばこは男性にも健康被害をもたらします。そのため、たとえ日々ストレスを受けながら仕事をしていても自身を守るために決してたばこには逃げないという方が多いです。
そんな中で、喫煙を続けている女性はマイナスイメージしかありません。とにかくストレスが溜まっていそう。
タバコに依存するしかない意志の弱い人間というイメージが持たれるのです。軽そうに見られるでしょうから、セックスフレンドとして選ばれることはあるでしょう。
ですが、自身の遺伝子を残す相手として見られることはなく、婚期は遅れる一方です。

あなたは結婚もせず子供も生まず、年齢にも関わらず老け顔でいつも不調を抱え、そして早死にしていく、そんな人生を送りたいのですか。いますぐ禁煙することをおすすめします。

関連記事