いつかは禁煙したいという気持ちはずっと消えない。だけど禁煙しようとしても2日で挫折。そんな喫煙者は山ほどいるでしょう。挫折を繰り返し続けて終いにはもういいやと禁煙を諦めてしまう人もいます。そんな方は禁煙の方法が自分に合っていないのではないでしょうか?当サイトでは様々な禁煙方法についてご紹介していきます。有名なニコレット以外にも内服薬のチャンピックスについて、又、失敗しやすい禁煙方法についても見ていきましょう。

失敗しがちな禁煙方法の紹介

たばこは健康に良くない・その煙を吸った周りの人だって健康被害を受けてしまう・かっこよくもおしゃれでもない。
今ではみんなが知っている事実です。それでもたばこを吸い続ける理由として禁煙ができないという方もいるのではないでしょうか。
たばこは単なる趣味ではなく依存症という病気です。禁煙した際の苦しみは激しく、ダイエット以上に精神力を問われるものなのです。
とはいえ、本当にやめたければ禁煙外来という手もあります。自分で試してみた禁煙方法というのは失敗しやすいもの。プロの手を借りてみませんか。

禁煙に失敗して悩んでいる男性禁煙方法の失敗例はさまざまあります。たとえばポストインシステム。
郵便受けに入れておいて、もしも吸いたくなったらわざわざ郵便受けまで取りに行かなければならないという手間を作るのです。とはいえ、一日1度くらいは必ず外出するはず。
そのときに取ってくるようにしていれば本数は減らせてもゼロにすることは不可能です。

それでは、「買わない」ようにするのはどうでしょう。たとえあなたが買わないとしても家に他にも喫煙者がいるなら意味がありません。
それに、お酒を飲んだりして気が緩んだときについついいつもの習慣で買ってしまっているはずです。

ワンスモーク・ワンダンプという手もあります。「ワンスモーク・ワンダンプ」一本吸って一本は捨てるというのです。
でもやはり頑張らないと吸う本数は減りません。お金の無駄遣いでしかなくなるのです。

隠すという方法もあります。家族にでも本人の分からないところに隠してもらうのです。自分で隠すのではない以上、どこにあるのか分かりません。
でも、この方法だと隠した相手が憎くなり、関係性にヒビが入る可能性だってあります。

禁煙というのはとても大変なものです。ですが、根性や我慢で押さえつけることはできません。
なぜなら依存症という病気にかかっているのですし、ストレスがかかることで更に症状は悪化してしまう危険性があります。

根性で我慢して禁煙はストレスがかかる

風邪を引いたとき、根性や我慢で熱は下がりません。タバコだって病気なのですから適切な治療こそがよい方向に導くカギとなるのです。
押さえつけられればストレスが溜まり、更に吸いたくなるでしょう。

禁煙外来というと医師に「なぜこのような健康状態になるまで放っておいたのか」としかられながら、タバコが一切吸えない環境に閉じ込められて無理やりニコチンを抜かれるというまるで麻薬患者への接し方のようなやり方を想像していたりしませんか。そんなことはありません。

タバコをやめられないのは、ニコチンが一切入ってこないことにより中毒症状を引き起こされるからです。
体に害をなすニコチンですが、患者さんにとってはなくてはならないものなのです。だからこそ少しずつその量を減らしていきます。
ニコチンパッチなど使ってむしろ体に少しずつ補給するのです。

医師は薬を渡して終わりというわけでもありません。治療の経過をずっと見守ってくれるのです。
たとえ離脱症状が起こっても医師に相談することで適切な方法を考えてくれるので安心して続けることができます。
条件さえ満たせば健康保険を使って治療を行うこともできるので経済的面でもストレスはかかりません。

何年もかけてあなたの体を蝕んできたタバコへの依存症はすぐに出て行ってくれるわけではありません。
医師と共に、少しずつ良い方向に進めていき、気がついたらタバコを吸わなくともイライラせず気分が落ち込むこともなくなっているはずです。そこに我慢やストレスというものはありません。
医師が適切なサポートを、そして看護師が精神面でのフォローをしてくれることで根性が無いしと思っていたあなただって禁煙は成功するのです。
時間やお金を無駄にするよりもプロの手を借りることを考えてみましょう。

関連記事