いつかは禁煙したいという気持ちはずっと消えない。だけど禁煙しようとしても2日で挫折。そんな喫煙者は山ほどいるでしょう。挫折を繰り返し続けて終いにはもういいやと禁煙を諦めてしまう人もいます。そんな方は禁煙の方法が自分に合っていないのではないでしょうか?当サイトでは様々な禁煙方法についてご紹介していきます。有名なニコレット以外にも内服薬のチャンピックスについて、又、失敗しやすい禁煙方法についても見ていきましょう。

副流煙が周りの人に与えてしまう影響とは?

タバコを自分では吸わないのにその煙を吸わされるのが「受動喫煙」です。
公共施設やレストラン、職場などでもだいぶ分煙化は進んできていますが、それでも歩きタバコや家の中で家族が吸っている場合には、どうしても受動喫煙の被害に遭ってしまうことになります。
そんな受動喫煙で出る副流煙は臭いをまき散らすだけでなく、体にさまざまな影響を及ぼすことが分かっています。

そもそもタバコから出る煙には、主流煙(喫煙者が吸い込む煙)・副流煙(火のついたタバコより排出される煙)・呼出煙(喫煙者が口から吐き出す煙)の3種類があります。
受動喫煙はこれらのうち副流煙・呼出煙を周辺にいる非喫煙者が吸い込むことを言います。
これらは主流煙と比較しても有害物質をかなり多く含んでいる煙で、その性質も主流煙が酸性なのに対して、副流煙はアルカリ性になっているため目・鼻といった部位の粘膜を刺激することも分かっています。

副流煙に含まれているニコチンやタールなどの有害物質は、室内の壁に付着し蓄積されていきます。
直接煙を吸わなくても、それらが付着している部屋で生活していると日常的に体に悪影響を与えることになります。
これが「三次喫煙」と言われているもので、喉の痛みや咳、心拍数増加、血管収縮、がんのリスク上昇といった可能性が高くなってしまいます。
これらの症状は焚き火で目が痛くなるのと同様で、室内にいるだけで自分の意思とは関係なく体の中に入ってきてしまうものでもあります。

長期的に受動喫煙にさらされると、がんを始めとするさまざまな重い病気に繋がる可能性が出てきます。
また、三次喫煙でも流産・早産・乳幼児突然死症候群・低体重など、妊婦さんや新生児にも多大な影響を与えます。
タバコの成分であるニコチンは、胎盤を通り抜けて赤ちゃんに届いてしまいますので、赤ちゃんがニコチン中毒になる可能性もあります。
妊婦さん自身だけでなく新生児にも有害な物質が非常に多く含まれていることを知っておきましょう。

副流煙をなるべく吸わないようにする方法

日本では受動喫煙対策がまだ不十分なところがありますので、自分で副流煙を吸わないようにする意識を持つことが大切です。
まずは、タバコの煙が見えたら近づかず、近くに煙が見えたら息を止めて離れることから始めましょう。
基本的にマスクをすることも有効ですが、花粉症用などでは副流煙の粉かな粒子は通してしまいますので、副流煙対策用マスクもしくは市販のマスクを二枚重ねでぴったりと着用しましょう。
有害物質と臭いを避けるためには、タバコの煙から少なくとも4mは離れます。

室内の換気扇の下やベランダでの喫煙でも、タバコの煙はほんのわずかな隙間を見つけて入ってきて、いずれは赤ちゃんのいるところにまで煙が届いてしまう可能性がでてきます。
また、外出先などでの喫煙は家族へ煙を運ぶことはありませんが、着用していた衣類や髪の毛などには副流煙による有害物質がしっかりと付着してしまっていますので、家族にそのまま近づくことは避けましょう。
非喫煙者は、喫煙者の家族が帰宅したら入浴を済ませてからそばに近づくことを意識しておきましょう。

実は副流煙だけでなく、喫煙者の息にも有害物質は含まれています。タバコを吸い終えたからといって油断はできません。
タバコの煙に含有されている有害物質が喫煙者の体内に残り、数時間は蓄積されているため、喫煙者が息を吐くたびにこれら有害物質も一緒に吐きだされているからです。
タバコを吸い終えても、煙の臭いが身体や髪の毛、洋服、口臭として感じられる間は、喫煙者のそばに寄らないのが賢明です。

喫煙しないのに同行者が吸うからと、喫煙場所に一緒に入ることももちろん受動喫煙になってしまいますので、やめましょう。
体内に入り込んだ有害物質は蓄積されていきますので、小さな予防策を重ねていくことが大切です。

関連記事